ミノキシジルはご存知ですか?本来高血圧治療として扱われていたものが、ある日髪の毛も生えてくるもんですからよし、AGA治療薬として使おう!となったのがミノキシジルです。有名なものだとリアップなどの商品がありますね。

剥げてきたらミノキシジル

第一類薬品ミノキシジルはシャンプーとの併用で効果発揮

第一類薬品として分類されるミノキシジルは、発毛促進剤に配合されており、第一類薬品の概念として、これを販売する店舗に薬剤師が常駐しており、しっかりとした説明が可能な店舗での取り扱いが許されます。
ただし、薬品として医師の処方箋を必要とせず、病院以外の薬局店舗で購入できる医薬品である市販薬です。
ミノキシジルは発毛を目的として開発された成分ではなく、元々、高血圧の経口薬として用いられたもので、これを摂取した患者に発毛が副作用としてみられたことから、円形脱毛症などを回復させる治療薬として開発が進み、現在ではAGA治療に発毛促進薬として発売されるようになりました。
頓服薬として開発されるも、副作用が出たことから外用薬として塗布使用することで効果を高く発揮することが分かり、現在では世界中で発毛剤として発売されており、発毛剤成分にミノキシジルが配合されています。
ミノキシジルは、血管拡張により、毛乳頭へシグナルを送り、さらに配合された有効成分が毛根へ促されると、結果として高い発毛効果が得られます。
薄毛の進むメカニズムとして代謝の衰えや、生活習慣、遺伝的要素など人それぞれの原因があります。
近年、毛穴から分泌される皮脂成分が髪の成長の妨げとなることが分かり、毛穴の余分な脂を取り除く、シャンプー剤で正しいシャンプー方法で頭皮ケアを行うことが発毛効果を助けるとも言われ、頭皮ケアとセットで行うことが良いとされます。
ホームセンターやドラッグストアなどで販売されているシャンプー剤は第一類薬品とは違い、医薬部外品であることから薬剤師がいない店舗でも購入でき、現在では様々な発売元から販売されていますので、質の良い製品を選んで購入することが良いでしょう。